liberté✖︎語り・・・(長文なので読まないで下さい)

20140106-003721.jpg

『過去と現在』

独立して感じること・・・
初めて美容室に就職したのが20歳の頃、正直すぐ辞めるなって思ってました。
朝は早いし夜は遅い、お給料も自分より休みも多くて働く時間が短い仕事の方が高い・・・
そんな事ばっかり考えてましたね。
とりあえず、美容学校でたしスタイリストになるまではやろうって感じぐらいに思ってました。
そんな気持ちの中でも先輩や後輩、お客様と接するのはかなり楽しくていつのまにか美容師が好きになりスタイリストなっても辞めてなかったですね。
スタイリストになると毎日、売上目標とにらめっこですよ。そして、先輩や同期や後輩と比べて勝ったや負けたやと、美容師というより売上あげる事ばかり考えてスタイルの勉強とか技術の勉強とかすっかり忘れてましたね。
売上=お給料って事もあるので仕方ない事かもしれませんがね。
でも、いつからか全然楽しくなくってしまったんですよ美容師がね。
6年目の時かな、大きなコンテストでファイナリストまでのこれた事があったんですけけど、すっごく楽しくてのめり込んで毎日レッスンしてそれしか見えてなかったですね。
そのコンテストが終わった時ぐらいから自分の中で美容師って考え方が変わってきたんですよね。
でも、答えはないんで毎日が変わらない日々にモヤモヤな気持ちだけがのこって心が壊れてしまったんですよ。
6年間働いたお店を退職しちゃったんです。
辞めた理由なんて『東京で美容師やるため』とか言ってましたけど、美容師から逃げたかったですね。
辞めてどうなるか不安だらけでしたよ。他を知らない世間知らず野郎ですからね。
確か二週間ぐらい、部屋の布団で生活してましたね。誰にも会いたくなかったし、自分が美容師でなくなった瞬間から世の中に必要の無い存在みたいな気持ちでしたよ。
そんな真っ暗闇でも光は届くんですよ、家族や友達や沢山の人が助けてくれるんですよね。いつのまにか自分は1人だと思ってたのが嘘みたいに人と繋がってたんです。
どんな人生でも人と接することで生きてますからね、いつのまにか自分の周りには大切な人達が沢山できてたんです。そしたらみんなが助けてくれました。
そして次に出てきたのが美容師やりたいって気持ちですよ。
そうなるとスイッチオンですね。今までみたいな美容師にもどるのは面白くないので、やるんだったら自分のお店で大切な人に喜んでもらえる美容師。
1年半で準備金を貯めて、国際金融公庫からお金借りて・・・これも助けてくれる人達がいたからこの短期間でできたんですけどね。
ちなみに貯金0円から1年半でオープンですよ。
なんとかなるもんですね。
現在は、オープンから3ヶ月目に入ってますが・・・大変や!!!っが感想ですね。
自分の美容師としての誇りや拘りをもってお客様と接しています。だから毎日楽しすぎるし幸せです。
雇われてる方が安定してるけど、自分でやる方がワクワクしますね。
人それぞれに考えはあると思いますけど、毎日が楽しく笑えるって事が幸せですね。
日々、感謝…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です